【太りたい】ナッツで太る方法!オススメのナッツベスト3 を発表!

【太りたい】ナッツで太る方法!オススメのナッツベスト3 を発表!
太りたい人

ナッツは高カロリーだから太りたい人にオススメだと知った。でもナッツと言ってもたくさん種類あるよね。何を食べたらいいのだろう。

このような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 太りたい人にナッツがオススメな理由
  • 太りたい人にオススメのナッツベスト3!
  • ナッツの食べすぎには注意しよう

この記事を書いている僕は元超絶ガリガリボーイ。太るサプリの摂取と食事の試行錯誤により2か月で6キロ太ることに成功しました。

「太る方法」で検索をかけると、太りたいならナッツを食べろという記事が出てくると思います。

しかしナッツと言ってもたくさんの種類があるので何を食べたらよいのか迷いますよね。

そこで今回はナッツで太りたいと思っている人に向け、

  • カロリーの高さ
  • 手に入りやすさ
  • 他の食べ物との合わせやすさ

上記の観点からオススメのナッツを3つ紹介したいと思います。

この記事を読むことで太りたい人にオススメのナッツが分かり、効率よく太れるようになりますよ。

それでは早速見ていきましょう!

目次

太りたい人にナッツがオススメな理由

太りたい人にナッツがオススメな理由

なぜ太りたい人にナッツが良いのか、その理由は3つあります。

  • 脂質が多く高カロリー
  • 健康に良い脂質が含まれている
  • つまんですぐ食べられる

もう少し詳しく説明します。

脂質が多く高カロリー

ナッツは全般的に脂質が多く含まれており、高カロリーです。

  • アーモンド…51.2g    カロリー600キロ
  • マカダミアナッツ…76.7g カロリー710キロ
  • ヘーゼルナッツ…60g   カロリー684キロ

※100グラム当たりの脂質量

いくつか例を出しましたが、上記のように高脂質です。

ナッツ全般的に脂質は100グラム当たり50gほどあり、マカダミアナッツに限っては76g以上あります。

ヒカル

ハンパねえ!

脂質は1グラム当たり9キロカロリーあるので、これだけ脂質が多く含まれていれば少ない量でも多くのカロリーが取れますよね。

すぐお腹がいっぱいになる人はかなり重宝するのではないでしょうか。

健康に良い脂質が含まれている

脂質と聞くと脂っこくて胃がむかむかするイメージがありますが、ナッツの脂質は一般的な料理にある脂質とは違います。

ナッツに含まれる脂質は、

  • 一価不飽和脂肪酸
  • 多価不飽和脂肪酸

と言い健康に良い脂質になります。

具体的には悪玉コレストロールの量を減らしたり、中性脂肪を抑えたりといった効果がありますね。

ただ高カロリーなだけで健康に悪いポテトチップスのようなお菓子とは違い、摂取カロリーを増やしつつ健康にも優しいのがナッツのいいところです。

つまんですぐ食べられる

ナッツは一粒一粒が小さいのでちょっとした時間につまんで食べることができます。

  • パソコンを使いながら
  • 編み物をしながら
  • YouTubeを見ながら

どんな状況の時でも気軽に食べることができるんですね。

安価で手に入りやすいですし、太りたい人にはピッタリです。

ヒカル

お菓子を食べるくらいならナッツにしましょう。

太りたい人にオススメのナッツベスト3!

ナッツと言ってもたくさんの種類がありますよね。

その中でも特におすすめのナッツを3つ紹介したいと思います。

  1. マカダミアナッツ
  2. アーモンド
  3. ヘーゼルナッツ

それぞれ詳しく説明していきますね。

第1位:マカダミアナッツ  

ナッツの中でも1番おすすめなのがマカダミアナッツです。

なぜかというと、ナッツの中で最も高カロリーだからです。

先ほども触れましたが、マカダミアナッツは100グラム当たりの脂質が76g以上あり、カロリーも710キロカロリーあるんですね。

しかもそれだけでなく、

  • 非常に手に入りやすい
  • マカダミアナッツのチョコもある
  • 他のものに合わせやすい

上記のメリットもあります。

おつまみコーナーに行けばたいてい置いてありますし、チョコレートコーナーに行けばマカダミアナッツのチョコがあります。

またアイスにアクセントとして含まれていることもありますね。

ナッツの中でもクリーミーさがありパサパサ感も少ないです。

マカダミアナッツが苦手とか、他に好きなナッツがあるとかじゃない限りこれを選んでおけばまず間違いないでしょう!

ヒカル

マカダミアナッツ最強です!

第2位:アーモンド

2位がアーモンドです。

アーモンドはそこまでカロリーが高いわけではありませんが(ナッツの中では)、かなりメジャーなものです。

アーモンドチョコだけでもたくさんの種類がありますし、香ばしい感じがおいしいですよね。

そしてアーモンドの特徴と言えばビタミンEでしょう。

100グラム当たり30グラム以上のビタミンEが含まれており、ナッツの中で一番多く含まれています。

ビタミンEは抗酸化作用があり、

  • 心臓病や脳卒中のような生活習慣病を防ぐ
  • 血行を良くし冷え性を改善
  • アンチエイジング効果

といった効果が期待できます。

食べ慣れたアーモンドには実はこんな健康効果があるんです。

第3位:ヘーゼルナッツ

3位がヘーゼルナッツです。

こちらはマイナーなナッツですが、カロリーはナッツの中でもかなり上位の100グラム当たり684キロカロリーあります。

ヘーゼルナッツの脂質にはオレイン酸が多く含まれており、ナッツの中でもトップクラスの量です。

そしてこのオレイン酸は血液をサラサラにしてくれたり、生活習慣病を防いでくれたりするものです。

ナッツの中でも高カロリーでオレイン酸もトップクラスの量含まれている、健康重視の人にはうれしいナッツですね。

マイナーなものですがおつまみコーナーに行けばあると思います!

ヒカル

今すぐおつまみコーナーに行ってナッツをゲッツしましょう。

ナッツの食べすぎには注意しよう

確かにナッツは健康に良い脂質が多く含まれており、少ない量でもカロリーを稼ぐことができます。

だからといって、ナッツを食べすぎるのは止めましょう。

なぜなら脂質は消化に時間がかかるからです。

脂っこいものを食べるといつまでも胃の中がむかむかした感じがしますよね。

あれは消化に時間がかかる脂質を多くとることにより、胃に負担がかかっている証拠です。

これと同じでいくらナッツの脂質は健康に良いとはいえ、脂質に変わりはありません。

ナッツを食べすぎても少し胃がもたれるような感覚を覚えるでしょう。

またナッツを食べる時は間食に食べることが多いと思いますが、食べすぎてしまうと夕飯が食べれなくなり本末転倒です。

ですので自分の中で、

1日に10粒までにしようか。

基準を決め食べるようにしてください!

そうすることで効率的に太ることができますよ。

太りたい人はナッツを試してみよう!

太りたい人はナッツを試してみよう!

それでは今回の記事のポイントです。

  • ナッツは高カロリーで良質な脂質を多く含んでいる
  • マカダミアナッツ、アーモンド、ヘーゼルナッツが特におすすめ
  • 脂質は消化に悪いので食べすぎには注意!

今まで太りたくて脂っこい料理ばっかり食べてきた人はぜひナッツを試してみましょう!

おつまみコーナーに行けば無添加のナッツがたくさんありますし、それが味気なくてもお菓子コーナーに行けばチョコレート菓子として置いてあります。

少ない量で多くのカロリーを摂取できるので、カロリーを稼ぐにはもってこいの食べ物ですよ!

それでは今回は以上です。

ドクター・フトレマックス
よかったらシェアしてね!
ヒカル
ヒカルと言います。
小学校からずっとガリガリの瘦せ型。食っても太らない体質かと思いきや、ただ小食なだけだと気づく。
一念発起し、立ち仕事で日々の消費カロリーが多いにもかかわらず2か月で6キロ太ることに成功。
当ブログでは、ゆるくデブエットをしようをコンセプトに太る情報を発信します。
目次
閉じる