太りたい人は睡眠をとれ!寝ろ!睡眠不足がダメな理由

太りたい人は睡眠をとれ!寝ろ!睡眠不足がダメな理由
太りたい人

睡眠不足は太るって聞いたことあるけど、マジで?じゃあ睡眠時間を減らした方がいいのかな。

このような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 太りたい人が睡眠不足はダメな理由
  • 太りたい人にオススメの寝落ちが早くなる方法

この記事を書いている僕は試行錯誤を繰り返し、2か月で6キロ太ることに成功しました。

よく睡眠不足だと太ると言われていますよね。

それなら我々痩せている人も睡眠時間を減らして意図的に睡眠不足になれば、太れるんじゃないかと思うと思います。

しかしガリガリから太りたい人が睡眠不足になって太るのは絶対にやめてください。

逆効果です!

今回は太りたい人はなぜ睡眠不足がダメなのかについて解説していきます。

寝つけが良くなる方法も合わせて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

それでは早速見ていきましょう!

目次

太りたい人が睡眠不足はダメな理由

太りたい人が睡眠不足はダメな理由

太る理由の中に睡眠不足が挙げられるのですが、なぜ太りたい人にとっては睡眠不足がダメなのか、その理由は3つあります。

  • 自律神経が乱れる
  • 体が成長しない
  • ストレスがたまる

これだけだと説明不足なので、順に解説していきます。

睡眠不足がダメな理由①:自律神経が乱れる

1つ目の理由は自律神経が乱れるからです。

自律神経には交感神経と副交感神経系の2つがあるのですが、

  • 自律神経 →戦うモードの時に優位になる
  • 副交感神経→休むときに優位になる

この2つはそれぞれ相反した関係性になっています。

具体的な例を出すと、仕事に集中しているときは自律神経が優先的に働き、ご飯の時や寝る時は副交感神経が優先的に働く感じですね。

睡眠不足の状態になるとこの自律神経の切り替えがうまくできなくなり、食欲のバランスが崩れてしまいます。

ですので睡眠不足で食欲が増える人もいますが、逆に減ってしまう人もいるんですね。

食欲が増えるのか減るのかは実際に睡眠不足になってからでないと分からないですが、そもそも睡眠不足が続いたら免疫力が低下するので風邪をひいたら食欲がなくなってしまいます。

一時的に食欲が増えてもその後体を壊し、本末転倒なのできっちり睡眠をとって食欲のバランスを整えましょう。

ヒカル

1日2日食欲が増したところで何も変わりません。

睡眠不足がダメな理由②:体が成長しない

2つ目の理由は体が成長しないからです。

よく寝る子は育つとか言ったり22時から2時の間は成長ホルモンが出るとか言いますよね。

これは何も子供だけに当てはまることではありません。

例えば筋トレをすると筋肉が発達しますが、これも体の成長です。

体重を増やしたい場合も同じで、成長ホルモンが分泌される時間帯にしっかり睡眠をとることで、食べたものの栄養が体のもとになるんですね。

ですのでしっかり夜寝て体を成長させましょう。

睡眠不足がダメな理由③:ストレスがたまる

3つ目の理由はストレスがたまるからです。

人は睡眠不足になると注意力が散漫になり、物事の判断能力が低下します。

その結果仕事で上司に怒られたり自分のやっていることがうまくいかず、イライラしてしまいます。

このイライラがたまりストレスがどんどん溜まっていくんですね。

そしてストレスを受けると交感神経が優位になり、食欲がわかない状態になってしまいます。

緊張してると食欲がわかないですよね。それに近い状態です。

しっかり睡眠をとることでストレスも減っていくので、睡眠は大事にしましょう。

ヒカル

睡眠をとるのはこんなに大事なんです。

太りたい人にオススメの寝つけが良くなる方法、睡眠の質が上がる方法

太りたい人にオススメの寝つけが良くなる方法、睡眠の質が上がる方法

睡眠が大事だと言われても痩せている人は心配性の人が多いのでなかなか寝付けない人もいるのではないでしょうか。

僕も眠りに落ちるまで30分くらいかかったりと寝つけが悪いです。

そこでここからは太りたい人にオススメの寝つけが良くなる方法と睡眠の質が上がる方法をいくつか紹介していきます。

寝つけが良くなる方法

  • 寝る直前にスマホを触らない
  • 睡眠連鎖法

よく言われていることですが、寝る直前にスマホを触るのは止めましょう。

どうしてもブルーライトで目がさえてしまいます。

寝る前にスマホを触るのが日課になっている人は、最初は落ち着かなくて眠ることができないかもしれません。

しかし1~2週間続けていくうちにそれが当たり前になって、寝つけが良くなりますよ。

もう一つの睡眠連鎖法は僕が勝手に名前を付けた方法ですw

具体的な方法はというと、

  1. まず適当な単語を思い浮かべます
  2. 次にその単語の頭文字から始まるものを思いつく限り思い浮かべます
  3. 頭文字から始まる単語が思い浮かばなくなったら2文字目に映ります

上記を布団に入って目をつむりながら続けるといつの間にか眠くなり寝つけるようになりますよ。

意味わからないと思うので例を出すと、

  1. アニメという単語を選びました
  2. 「あ」で始まるものを思い浮かべます(あずきだったらあずきの映像を思い浮かべる)
  3. 「あ」で始まるものは尽きたら「に」で始まるものを思い浮かべる

正式名称が分からないので勝手に睡眠連鎖法と名付けましたが、これをやると不思議と眠くなりますよ。

睡眠の質が上がる方法

いくら寝つけが良くても睡眠が浅かったらあまり意味がありません。

睡眠の質が上がる方法は以下の通りです。

  • 寝る直前に食べない
  • 軽く運動をする

いろいろ方法はありますが、僕が特に効果を感じた方法が上記です。

食べたものを消化するとき人はかなりのエネルギーを使います。

昼食べた後に眠くなること良くありますよね。

これも消化にエネルギーがかかるため、脳が働かなくなり起こる現象です。

寝ているときも同様で、寝る直前に何か食べてしまうことで消化にエネルギーが行き体をうまく休めることができません。

ですので遅くても寝る2時間前には食事を終え、就寝に備えましょう。

ヒカル

僕は何回か夕飯を抜くというのをやってたことがあるのですが、睡眠時間5時間でスッキリ目覚めることができました(笑)。
ですが太りたい人はこれだと痩せてしまうので完全に抜くのは止めましょう。

ちなみに仕事や勉強で集中したいときも少しお腹を空かせた方が集中力が増します。

そしてどこか空いた時間で軽めの運動をしましょう。

運動して少し疲れることで睡眠の質が上がり、朝スッキリ起きることができますよ。

ヒカル

腕立てやスクワットがオススメです。大きい筋肉に効かせることができるので少ない回数でも疲労します。

太りたい人は睡眠にも気を使おう!

太りたい人は睡眠にも気を使おう!

それでは今回の記事のポイントです。

  • 睡眠不足は自律神経が乱れたりストレスがたまるので防ごう
  • 寝つけをよくする→寝る直前にスマホをいじらない、睡眠連鎖法
  • 睡眠の質を上げる→寝る直前に食べない、軽く運動する

太りたいならまず健康状態を良好に保たなくてはいけません。

そのためにも睡眠が大事です。

太りたい人は今回話したことを参考に、睡眠についても考えてみてください。

睡眠を改善することで、太るための土台が出来上がりますよ。

それでは今回は以上です。

ドクター・フトレマックス
よかったらシェアしてね!
ヒカル
ヒカルと言います。
小学校からずっとガリガリの瘦せ型。食っても太らない体質かと思いきや、ただ小食なだけだと気づく。
一念発起し、立ち仕事で日々の消費カロリーが多いにもかかわらず2か月で6キロ太ることに成功。
当ブログでは、ゆるくデブエットをしようをコンセプトに太る情報を発信します。
目次
閉じる